経営改善計画策定支援事業とは

借入金の返済等、財務上の問題を抱えていて、自ら経営改善計画等を策定することが難しい状況にある中小企業・小規模事業者を対象として、中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関が、中小企業・小規模事業者の依頼を受けて経営改善計画などの策定支援を行うことにより経営改善を促進する事業です。

こんな方にお勧めです。

金融機関への返済条件等を変更し、資金繰りを安定させながら、

  • 売上を増加させたい
  • 人件費以外でコストを削減したい
  • 黒字体質の企業に転換させたい
  • 業績悪化の根本的な課題を見つけたい
  • 従業員に会社の方向性を示したい

よくある質問

なぜ、経営改善計画書が必要なんでしょうか?

金融機関から返済条件を緩和してもらうことで、一時的に返済負担は軽減さ れます。 しかしながら、経営改善に向けた対応策を講じない限り、なかなか業況は好 転せず、借入金の返済が進まないほか、状況如何では、融資を受けること が困難になり、資金繰りに支障を来す可能性も想定されます。 このような事態に陥らないためにも、「業況改善の可能性とその実現施策」 について、目に見えるかたちで対外的に説明することが重要であり、その説 明資料として、近年、計画書の必要性が高まっています。

経営改善計画書を作ると、どのようなメリットがあるんでしょうか?

① 業況の改善(売上増加、コスト削減) 
② 金融支援の更改(返済条件の緩和等)
③ 金融機関、取引先からの信頼性が確保
④ 従業員のモチベーションや生産性が向上

計画書をどのように作成したらいいか、分かりません。

石川会計事務所にお任せ下さい。
本制度を活用した場合、その専門家費用の2/3について国が負担します。

お問合せはこちら

ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

06-6344-5531

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。