経営革新等支援機関とは

中小企業・小規模事業者の多様化・複雑化する経営課題に対して事業計画 策定支援等を通じて専門性の高い支援を行うため、税務、金融及び企業の 財務に関する専門的知識(又は同等以上の能力)を有し、これまで経営 革新計画の策定等の業務について一定の経験年数を持っているといった 機関や人(金融機関、税理士、公認会計士、弁護士など)を、国が「認定 経営革新等支援機関」として認定しています。

経営力向上計画

経営力向上のための人材育成や財務管理、設備投資などの取組を記載した「経営力向上計画」を事業所管大臣に申請していただき、認定されることにより固定資産税の軽減措置や各種金融支援が受けられます。

経営改善計画

金融機関から返済条件を緩和してもらうことで、一時的に返済負担は軽減されます。 しかしながら、経営改善に向けた対応策を講じない限り、なかなか業況は好 転せず、状況如何では、融資を受けること が困難になります。

資金調達

経営力向上計画が認定された事業者は、政策金融機関の低利融資、民間金融機関の融資に対する通常とは別枠での信用保証、債務保証等の資金調達に関する支援などを受けることができます。

お問合せはこちら

ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

06-6344-5531

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。